« April 2011 | Main | June 2011 »

5/4琵琶湖(ゴンザレスあり)

 O君と1泊し、ガイドの翌日はレンタルボートで出撃です。
 アークロイヤルでRanger332(80馬力)をレンタルしました。

 まずは前日のガイドで教わった釣りの復習。アフターのバスが休んでいると思われるウィードエリアをスプリットショットで探っていきます。ワームはもちろん前日と同じKEITECHシャッドインパクトです。

 まもなくバイト。前日のロクマルのせいでそれほど大きく見えなかったけど、ちょっと前なら大騒ぎするような49cmのいいサイズだ。そのあと40cm弱のバスを追加。O君もここで3匹キャッチ。

 今度はガイドではやっていない釣りにチャレンジ。昔琵琶湖に通っていてときに好きだったシャローカバーの釣りをすることにした。

 広大な琵琶湖に背を向けて、狭い水路などの隅の方を釣る釣りだ。

 まずは下物の内湖に突入。アシを撃っていき、46cmのバスをキャッチ。ルアーは得意のラバージグ+ビッグダディだ。

 次は赤野井の湾内に移動。北岸をチェックするが、田植えの水が流入していて真っ白。おまけに昔好きだった場所はすっかり整地されて、新しくアシが植えられていて、昔の面影はなかった。

 南岸に移動し、パラアシをスピナベで流していたO君に40cmくらいのバスがヒット。私はシャロークランク(サンダーシャッド)で探るが不発。

 波に揺られながらお弁当を食べてしばし休憩。

 そして南湖最南端にある、人工島のインサイドの水路に移動。北風が吹いていたので、風下となる南側から入っていった。

 アシやマットをテキサスリグで撃っていく。アシの奥をウエッピングで攻めるていると、ルアーをシェイクしている場所で水柱が立った。ロッドへの感覚は伝わってこなかったが、ラインを巻き取り思いっきりフッキング。グイグイと巻き取り、バスをアシから引きずり出す。そしてさらに手前のマットカバーの上を転がしてきた。思ったよりいいサイズだったので、最後はネットでランディング!

 サイズは51cm!普通なら写真を何枚も撮るのだが、前日のロクマルのおかげで、そのまま釣り続行。ずいぶん奥で食ってくるなぁと思いながら同じように攻めていくとまたバイト!アシに巻かれて引っかかってしまったが、ボートで寄せて取りに行った。

 さっきのバスよりは小さいがこれも40cmくらい。サイズはともかく、ヘビーカバーの釣りはなにより楽しい!

 時間を忘れフリップし続けていく。

 さらに撃っていくと、かなり奥の方にキャストしたルアーにバイト!腰が痛くなるくらいまさに本腰で引き出して、魚をマットの上を転がしてくる。昔、アメリカのテレビで見たゲイリークラインのフリッピングのような釣りを満喫できた。

 上がってきたのはなんと雷魚!琵琶湖で雷魚を釣ったのは初めてカモ。

 そろそろ別の釣りもしようかと、本湖のウイードエリアに行ったが、風が強すぎたのでやめた。また内湖に戻ってきた。

 今度はパラアシをスピナベで撃っていくが不発。その後、時間いっぱいカバーを撃っていくが不発で、16:30頃アークロイヤルに向かった。(レンタルボートは17時まで)

 いや~、琵琶湖は楽しいわぁ~

 番外編。
 メシでも食って帰ろうか?と思ったが、ゴールデンウィークだし、どうせ渋滞しているんでしょ。ってことで、日没までおかっぱりすること。木の浜2号水路(だったかな)に入り、時間いっぱいルアーを投げた。スコーンジグをメインに探っていったが、不発。守山の王将でメシを食って渋滞の中帰りました。

■スプリットショットリグ
 ルアー:KEITECH シャッドインパクト4インチ
     ウォーターメロンPPシャッド、グリパンPPシャッド
 ライン:フロロ5lb(BAWO SUPERHARD PREMIUM-PLUS)
 ロッド:Fenwick FVR ELITE
 リール:ダイワ・イグニス2506

■テキサスリグ
 ルアー:自巻きラバージグ7g+ビッグダディ
 ライン:ナイロン20lb(マシンガンキャスト)
 ロッド:ハリアー80
 リール:TD-Z US TRAIL

■テキサスリグ
 ルアー:パワーホッグ5インチ+21gシンカー
 ライン:ナイロン20lb(マシンガンキャスト)
 ロッド:ハリアー80
 リール:TD-Z US TRAIL

1105041_4

1105042_4

下物シャローにて/O君がスプリットショットでキャッチ

1105043_2

1105044_2

ヘビーカバーでかかった雷魚/前日ロクマルを釣ったリグ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金やんガイド&ロクマル詳細

 バタバタしていて更新が遅れましたが、、、
 O君と2人で金田さんにガイドをしてもらいました。

金やんガイド
http://www.tatsuokaneda.com/guide.htm

 金田さんは、お互いKEITECHのスポンサーを受けることになってから知り合ったかな?お互いJBマスターズに出ていて、お互いホームページ持っていますよね?っていう感じで知り合いました。

 JBマスターズでお立ち台に立ったり、ロクマルを釣ったりする凄い方です。

1105031_4

1105032_4

 そんなこんなで、琵琶湖南湖でガイドしてもらうことにしました。(一応、教えてもらった釣りなので、詳しい場所などは書きません。)

 朝、7時前に小野のマリーナBWKから出船して南湖に向かいます。まずは広大なウイードエリア(南湖全体が広大なウイードエリアだが)で釣り開始。スコーン(KEITECH MODEL III 7g+スイング・インパクト・ファット4.8インチ)で探っていき、金田さんが1匹キャッチ!!

 そのあと、別のウイードエリアに移動。KEITECHシャッドインパクト4インチのスプリットショットリグで探っていくとO君にヒット!まもなく私にもヒット。ここでは魚がかたまっている感じで、みんな何本かずつキャッチ。

 お昼はKKRホテルのマリーナに上陸。上品で優雅な感じのレストランでランチです。釣りの格好でドカドカ入って行っちゃいましたが、まわりは上品な夫婦とか家族連ればかり、、、

1105033

1105034

 その他にも、ディープクランク、サスペンドミノー、マンメイドストラクチャーのテキサスリグなど、いろいろな釣り方を教えてくれたが、スプリットショットの釣りが一番はまっていた感じ。

 そしてドラマ魚です!とあるマンメイドストラクチャーをジグヘッドワッキーで撃っているとプンッという明確なあたり。

 「来ました!」と言い合わせるとラインがちょっと走っていて魚の重みがしっかり伝わってきた。「結構でかい」といいながらやりとりしているうちに魚の姿が見えた。

 金田さん:「ロクマルですよ!」
 私:「まじで、、」

 その瞬間とんでもない緊張感が体を走りました。正直、びびってます。走り出すとドラグが鳴りっぱなし。少しずつ寄せてきて、私にも魚の姿がはっきり見えました。

 私:「やっぱりでけぇー!!」
 金田さん:「姿が見えたら教えてくださいね」

 浮いてきたらランディングのチャンスということか。

 「ジャンプのときに外れる事が多いから気をつけて!今まで何度悔しい思いをしたか、、、」みたいなことを言われ、さらに緊張感が高まります。バスが首を振りながら水面に上がってきたときは心臓バクバクです。

 私:「浮いてきました!!」
 
 そして無事ランディング!!マジででかい。早く長さを計りたかったが、写真を撮る準備をするまで、魚が弱らないように水が入ったライブウェルに入れておいた。

 撮影し、長さを測ると63cm。今までの自己記録が55cm(これも琵琶湖)なので8cmも更新しました。

 いやー、とても充実したガイドでした。

 63cmが釣れたのもあるけど、アフターのスローな釣りをじっくり教えてくれて、教わったとおり釣れたのが心に残った。

 「産卵で体力を失ったアフタースポーンのバスは、ウイードの根元などでじっとしているので、スローな釣りが有効です」など、理論的に分かっていても、言うのとやるのじゃぜんぜん違いますからねぇ。

 「10秒くらいルアーを止めて・・・」とか説明されても、1人で釣りをしていると場所も釣り方も探りながらだから、じっくりできません。毎週のように釣りをしているガイドが選んだここだ!!という場所でなら、スローな釣りもじっくりできるわけ。

 金田さんは、スコーンやハードルアーの巻物でガンガン釣れれば良かったと言ってくれましたが、私としては渋い日のガイドがとてもためになりました。(渋いといいつつ、関東出身者の感覚だとかなり釣れましたが)

 あと、ガイドの方って、自分の身を削りながら商売しているわけです。今回の釣りだって、1度覚えたら翌週も来年も下手すれば一生使えるわけです。(もちろん、いい場所は刻々と変わりますが。)

 こういう一つ一つのテクニックが自分の財産になるわけです。それを踏まえて1日たっぷり教えてくれた金田さんには本当に感謝します。

 みなさんも機会があれば、ガイドを受けてみることをお勧めします。中級者以上の方でも、自分の持っていない世界が開けるはず。

使用タックル

■ジグヘッドワッキーリグ
 ルアー:フリックシェイク5.8インチ
 フック:KEITECHモノガード1/16oz
 ライン:フロロ5lb(BAWO SUPERHARD PREMIUM-PLUS)

■スプリットショットリグ
 ルアー:KEITECH シャッドインパクト4インチ
     ウォーターメロンPPシャッド、グリパンPPシャッド
 ライン:フロロ5lb(BAWO SUPERHARD PREMIUM-PLUS)

■スコーン
 ルアー:KEITECHラバージグMODEL III(SWIM JIG)1/4oz、3/8oz
     KEITECHスイングインパクトFAT4.8インチ
 ライン:フロロ16lb(BAWO SUPERHARD PREMIUM-PLUS)

■巻物
 ルアー:クランクベイト
 ライン:フロロ14lb(BAWO SUPERHARD PREMIUM-PLUS)

 シャッドインパクト、初めて使ったけど、フォール中のロールがかなりキテます。上下にスリットが入っていて、小さめのオフセットフックが使えて、ウィードも絡まないです。

 関係ないけど、プレミアムって言うとビール飲みたくなる。

 すごいお腹(バスの)。エラがごっつかった!!

1105035

1105036


1105037

1105038

| | Comments (1) | TrackBack (0)

出た!63cm!!

63cm_2


 琵琶湖で63cmキター!!顔がイっちゃってます、、、

 金田さんにガイドしてもらいました。 詳細は後日。

 詳しい説明はこちら↓

http://blog.tatsuokaneda.com/

 金やんガイド、充実の1日でした。マジおすすめです!!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

4/30 琵琶湖

04300


 滋賀県在住のこがっちさんに同船させていただきました。
 サウザーで志那漁港より出撃です。
 3日前に、南一貴プロのガイドを受けたそうで、なんとも新鮮な情報を持っていました。。

 南さんのブログ
 http://ameblo.jp/minami-kazuki-616/

 3m前後のウイードエリアを中心に釣りをしました。

 バイブレーションやスコーンといった巻物は不発で、ライトリグで飽きない程度にバイトがあり、広大なウイードフラットを流しながらポツポツ拾っていく感じでした。

 私は最高44cm。あと、37cmと20cmくらいのマメさんが釣れました。こばっちさんは私の3倍くらい釣っていたかな。

 ヒットルアー:スタッド4インチ、3/32ozジグヘッドリグ
 タックル:カリスマスティックS60、イグニス2500
 ライン:バウオスーパーハードプレミアムプラスハイグレード 5lb

 スタッド、古い!!ってこがっちさんに笑われちゃいました。私の中では琵琶湖一軍ルアーですw っていうか、ロッドも古い。

 琵琶湖でボートに乗ったのって2003年以来です。今のタックルと実力で琵琶湖に行きたい!ってずっと思っていました。ボートに乗ったのも久しぶりだし、転勤やら引越しで忘れかけていた釣り魂がよみがえった感じです。

 5/3に金田さんにガイドしてもらいます。(O君と)
 http://www.tatsuokaneda.com/guide.htm
 
 5/4はアークロイヤルからレンタルボート(Ranger332)で出撃します。(O君と)

 ゴールデンウィークは、まだまだエキサイティングなことがたくさんあります。

 こがっちさん、どうもありがとうございました!!

04301 04302


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »