« March 2006 | Main | May 2006 »

もっと釣れる!!プロが明かすバスフィッシングのキモ【第53号】

 4/9(日)のJB霞ヶ浦、ノーフィッシュで終了してしまいました。

 上位のフィッシングパターンはドッグ、アシ等、いろいろでした。自分は東浦の恋瀬川のアシで撃沈しました。

 っていうか、霞で1dayだと時間なさ過ぎです。牛堀会場の場合、早い時間だと近所迷惑になるとのことで受付が6:30から7:00です。スタートしたのは8時過ぎで帰着は13:00です。

 今回釣りをしたエリアは東浦の最奥なので、移動を差し引くと釣りをしたのは3時間程度。おまけに朝、ボートのエンジントラブルでスタート後に湖上でプラグ交換をしたり、東浦に行こうか北利根川で撃沈しようかうだうだ様子見したりで、ホントに時間がありませんでした。

 1つのストレッチをさらっと流しただけで時間が来てしまい、とても物足りない試合でした。その貴重なバイトもバラシで終了です。

 とても消化不良な試合で参戦記を書く気もしませんが、のちほどアップします。

 今シーズン霞ヶ浦で7日間釣りを釣りをしましたが、未だにノーフィッシュです。霞の初バスはいつになるんでしょう・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もっと釣れる!!プロが明かすバスフィッシングのキモ【第52号】

-----------------------------------------------------------------
    もっと釣れる!!プロが明かすバスフィッシングのキモ
           2006年4月6日 第52号
-----------------------------------------------------------------

【今週末はJB霞ヶ浦第1戦】

 マスターズ戦(河口湖)が終わってから、霞ヶ浦のプラをしていま
す。しかし、今シーズン5日間霞ヶ浦で釣りをしていまだに一匹もバスを
釣っていません・・・


 今度の日曜日はJB霞ヶ浦の試合に出ます。プラでは釣れていないので
すが、通っているうちに湖のコンディションはなんとなく見えてきたの
で、本線に向けてうまく軌道修正できればと思っています。


 チャプターの結果を見る限り、検量率は非常に低く、1匹勝負となりそ
うです。逆に、1匹釣ればポイントや賞金が取れそうなので、なんとかが
んばりたいです。

【釣れるクランクベイトの共通点】

 先日霞ヶ浦が大荒れで、あまりプラができなかった日に、マリーナで
クランクベイトのスイムチェックをしていました。


 今まで、実際使ってみて、経験から「釣れる」とか「釣れない」とか
判断をしていました。


 あらためて、ルアー一つ一つの動きをチェックすると、意外とおもし
ろくて、結構はまりました。


 できればクリアウォーターでチェックしたかったです・・・


 ま、マッディーでも表層を泳いでいるルアーは十分見えるので、動き
の違いがよく分かりました。


 そうしたら、釣れるクランクベイトの共通点を発見したのです。


 それは…

 それは…


 まだ秘密です!!


 みなさんも研究してみてください。


編集後記---------------------------------------------------------

 今日、ようやくスタッドレスタイヤから夏用タイヤに履き替えまし
た。大径タイヤを履いているので、重労働です。ま、1年に2回だけなの
で我慢して自分でやってます。
 逆にショップでやってもらおうとすると、タイヤを車に積まなくては
ならないので、そっちの方が重労働です。

-----------------------------------------------------------------

  バスプロによる河口湖、山中湖、霞ヶ浦、神流湖のレポート
  「JIMI'S BASS FISHING」
 
      http://homepage3.nifty.com/jimibass/

-----------------------------------------------------------------

発行者:JBマスターズNo.32 持丸 尚文(もちまる なおふみ)
ハンドルネーム:JIMI 
埼玉県児玉郡在住
感想:jimi.mochimaru@nifty.com
配信先変更、解除:
http://homepage3.nifty.com/jimibass/mag2/mag2.html

-----------------------------------------------------------------

 なーんて、それほどたいしたことじゃないかもしれないので書いちゃ
います。ここまで読んでくれてありがとうございます。


 共通点はずばり「ハイピッチ」ということです。


 「ハイピッチ」という言葉に対する私の解釈は、「一定の距離での振
動数が高いこと」です。つまり、ある距離をリトリーブしたときに、何
回首を振るかということです。


 実験してみたところ、今まで霞ヶ浦で実績があるクランクベイトや、
釣れると評判の高いクランクベイトは、他のものと比較して速いピッチ
でウォブリングなりローリングしていました。


 最近、ルアーの宣伝文句にやたら出てくる「ハイピッチ」


 もちろん、魚が口を使う要素はこれだけではないですが、魚を誘い出
す(まさにlure)要素として大きな関係があると思います。


 みなさんも、自分が好きなクランクベイトの動きをよく観察してみて
ください。

-----------------------------------------------------------------
裏コメ
 今日4/6はコンビーフの日です。会社の食事もコンビーフでした
(本当です)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »